不動産の仲介手数料って何?他に費用は発生しないの?

不動産の仲介手数料って良く聞くけど、どの様なもので、何の為に支払うの?

宅建業法とは、国土交通大臣により告示された国の規定です

世の中には、聞いたことはあるが良く知らない、と言う事は多々ありますね。勿論、知らなくても困らない事は沢山あるでしょうが、何事も知っていて損はしないハズです。
でも不動産となると小難しい専門用語がズラズラでてきそうで…と敬遠したくなると思いますがなるべく簡単に、でもツボは押さえて勉強致しましょう。
まず「不動産の仲介手数料」とは、マンションや一戸建てを売り買いした時、間に入って買い手や売り手を探してくれた不動産会社に、取引が決まった成功報酬として支払うお金の事です。
成功報酬なので、成功してから払うお金だと覚えて下さい。
じゃあ失敗もあるの?と思いますよね。
あるんです。分かりやすいのは、売れなかった時は当然、支払いません(売る場合)。あと「ローンの特約解除」といって、ローンの審査が通らない、つまりお金が借りられなかった場合、これはもう買えませんので契約を白紙に戻します。この場合も払わなくて良いのです(買う場合)。この2点位は押さえておきましょう。
次に仲介手数料は「宅地建物取引業法(俗に宅建業法と言います)」の規定により決められています    
。金額に依って違いがありますので注意が必要ですが現在は「仲介手数料早見表」もネットに数多く表示されていますから参考になるでしょう。
この規定には「不当に高い仲介手数料を要求してはイケない」「告示額(国土交通大臣が告示した)を超えてはいけない」「依頼者と仲介契約を結ぶ時は、その時に仲介手数料の額を決めないといけない」と定められております。
ただ、中途解約の時に支払う場合は成功報酬ではなくなるので、少し変わってきます。
他にも、良い不動産会社は?別途費用の発生は?と知っておきたい事を勉強します。