不動産の仲介手数料って何?他に費用は発生しないの?

不動産の仲介手数料って良く聞くけど、どの様なもので、何の為に支払うの?

仲介手数料の他に、別途費用が発生する事はないのか?

この記事をシェアする

仲介手数料以外の費用等について

通常の仲介手数料の他に費用が発生する場合は、例えば「親が住んで居た、田舎の家を売りたい」など遠くにある物件の売却を依頼した時などに発生する事があります。
その時に「家や家の周りの現状を調査してほしい」と依頼し、担当者が依頼に基づき現地へ出向いた際に掛かる運賃等が、別費用として請求されます。
これは宅建業法に於いて「依頼者に頼まれて発生したモノ」「普通の業務では生じない費用である事」「実費だけである事」そして、これら全てが満たされている場合に限って払う義務が生じる、あくまで「例外的な取り扱いのモノ」ですよ、としています。
上記の遠隔地にある家などは、特殊物件に入りますが他に廃屋や、さらに特殊で抵当に入っている家等の物件というのもあるそうです。
その場合、もうプロに任せるしかありませんね。
信頼できる不動産会社と念入りに相談を重ね、詳細に通常外分の手数料の見積もりを出してもらうのがベストでしょう。

仲介手数料の値引き交渉はできるもの?

結論から言えば、できるでしょう。
不動産会社は「仲介手数料を依頼者と相談して決めてね」と宅建業法で示されている訳ですから。
値引き交渉しやすい状況というのもある様で、一つの不動産会社で売る依頼と買う依頼をイッペンに両方引き受けている場合であり、その場合は片方から手数料を沢山もらう代わりに、片方は値引きしてくれる、という事のようです。
只その場合、一つの会社で手数料を沢山もらうお客と値引きしてあげるお客ができてしまう訳です。
そうなると物件を「なるべく高く売りたいお客」と「なるべく安く買いたいお客」の相反する利害のどちらを優先させるのでしょう?となれば、人情的に手数料を沢山もらったお客を優先させてしまうのでは?と問題視されている事も確かです。
この場合は値引いてもらう仲介手数料と、値引いてもらう物件代金のどちらが大きいのか?が重要ですね。
やはり相談して双方が納得する仲介手数料に決める事が一番ですね。